ドレスはクリーニングに出すべき?

ホームクリーニングも簡単にできるようになった時代ですから、クリーニング店に頼むのは最小で済むようになりました。どうしても家で洗濯できないようなものだけクリーニング店に頼むようにすれば、それまでにかかったクリーニング代を抑えることが出来ます。例えばシルクのシャツに代表される、家でホームクリーニングをするのが難しいもの、毛皮や高級革製品は自分で洗おうと思わないでクリーニング店はそれ専用の専門店にそのメンテナンスを頼んだ方が賢明です。また家でどれほど洗う事が出来る、手入れが出来ると言われているものでも、着物のような柄や染色が繊細なものはやはりその専門点に任せる方が良いでしょう。

 

でもそういう特別なものを覗けば、大抵のものは家で手入れする事が簡単です。アイロンもスチームアイロンをたとえ持っていらっしゃらなくても、お手持ちのアイロンを工夫して使えばそれで十分な時もあります。クリーニング店も賢く使う、使い分けることが可能なのですね。

 

例えばドレス。結婚式やちょっとした集まり、ホテルなどの食事会の時はやはりドレスアップするものです。そのような機械の時は緊張で汗をかくこともありますし、たいていの場合ドレスで使われるような生地は高級生地の場合が多いので、出来る事なら何かの機会が終わるたびにしっかりとお手入れをしたいもの。洗濯することが可能な素材でしたら、ドライクリーニングをする事が可能な素材でしたらホームクリーニングをしてみましょう。ドライクリーニングもそれ専用の洗剤を使えば自宅で洗濯気を使って、自分ですることが可能です。同じように、ドレスだけでなく、ニットなどもこの方法でドライクリーニングが可能です。洗濯の後干す時は洗濯物の元の形が損なわれないようにして干すことが大切です。ニットのような伸びる素材でしたら網の上において陰干しする、などの工夫が必要でしょう。

 

このように大抵のものはホームクリーニングすることが可能ですので、今現在まだ試していらっしゃらない方は是非、お試しくださいね!!

http://xn--n8jr4hrjsb5b5af1lxcvl6dw884d.com

 

家でおしゃれ着を洗う方法

今は家でおしゃれ着洗いをすることが可能です。

つまり家出のドライクリーニングが可能なのです。少し前ならあまり考えられなかったことですが、今の時代ならそれが可能です!洗濯機も洗剤も良いものが揃っています。ホームクリーニングを出来る洗剤の種類も沢山ありますし、少し前では考えられなかった、使いやすいスチームアイロンも気軽に買うことが出来ます。よくテレビで放送されている「ジャパネットたかた」では1万円前後で購入することが可能です。スチームアイロンを使えば、シルク製品、ウール素材のものもアイロンかけすることが可能です。

 

シルク製品のクリーニングといえばクリーニング店で頼むのが一般的でしたよね。ですからネクタイ一本でもクリーニング店に頼んでいたものです。それが現在では家でもシルク製品を洗えるなんて、すごいですよね。少し前までなら考えられませんでした。

家でドライクリーニングをするときは、まずそれ専用の洗剤を使いましょう。エマールは人気のある洗剤だそうです。テレビでも頻繁にCMでこの製品が流れていますね。あとは洗剤のパッケージに記載されている方法で洗えばいいのです。大抵は洗濯機でもドライクリーニングできるようにパッケージには書かれています。洗濯機でドライクリーニングをするときはそれ専用のコースを選ぶようにしてください。水洗いよりも柔らかに洗うようにセッティングされています。この二点に注意してまずクリーニングします。それから洗濯物を干す時は、ニットなど形崩れしやすいものの場合や特別な方法で干さなければいけない場合などに気を付けましょう。例えば影干ししなければいけなかったり、服の形が崩れないように吊るし干しするのではなく、置いたまま干すばあもありますので、気を付けましょう。仕上げはアイロンかけです。こちらはスチームアイロンをしなければいけない場合や温度調整が必要な場合などがありますので、選択表示をよく見るようにして、それに従いましょう。

 

以上、家でドライクリーニングをするときの大原則を挙げてみました。

ドライクリーニングでなくても、家でおしゃれ着を洗う場合は、デリケートな素材の場合はネットに入れて洗濯するようにしましょう。またおしゃれ着だけを手洗いするのも良いでしょう。大切なのは服を傷めないで綺麗にする、という事です。

 

クリーニングに出すのが恥ずかしい

わざわざクリーニングのお店に服を出さなくても今どきのホームクリーニングは凄い技術を持っています。洗濯気にしても洗剤にしても昔では考えられないような高性能のものが沢山市場に出回っています。ですから仕事とのシャツくらいならわざわざクリーニング店に出さなくても、ホームクリーニングで十分大丈夫なことも多くなりました。

それにホームクリーニングが高性能になった以外にも服の布地の性能も良くなりました。綿素材が一般的だった時代とは違って様々な化学繊維が出回っています。ポリエステルやナイロン、これらはもうとてもメジャーな布地の一つになりました。化繊を嫌って天然素材の布地、綿や麻を使った服を好んで着られる方も沢山いらっしゃいますが、天然の素材は下着にだけ、と決めて賢くクリーニング代を節約していらっしゃる主婦の方も多いです。というのも、天然素材はやはりシワになり易かったり、その扱いが難しい場合があります。でも化学繊維だけの服はやはりちょっと無機質。ですから、化学繊維を天然素材を布地の用途に合わせてミックスした布地が今は盛んに使われています。

 

布地の発達、洗濯機が高性能のなったこと、そして洗剤も性能が良くなったことでホームクリーニングも簡単になりました。服によってはアイロンがけがいらないようなものもあります。本当に主婦思いの服です。忙しい主婦にはそんな服たちは頼もしく有難い存在です。だからそんな服たちはわざわざクリーニングに出す必要はありません。家で洗濯してしわを伸ばして洗うだけで十分なのです!クリーニング代を本当に節約できる服はこういった服です。

 

これから冬物を購入する時期ですが、クリーニングの事や家での服の扱いと用途をしっかりと考えて服を買うようにしましょう。それから下着の役割も多きいですから、下着の生地のチェックも併せてするようにしましょう。賢い消費者は服を買う時に、その布地や性能をしっかりとチェックします。デザインのチェックだけが服を買う時に必要な事ではありません!

 

洗濯はプロに任せる?

冬服は夏の服ほど洗濯を頻繁にしなくても良い、とはいえやはり冬服もちゃんと衣替えの時には洗濯しておきたいものです。プロに任せるのも良し、自分でするのも良し。クリーニング店でも最近はちゃんと洗ってくれないようなお店もあります。損なお店に頼るくらいなら…、自分でホームクリーニングをした方が良いですね。

 

でもシルクや革製品などは自分でクリーニングするのはやめておいた方が良いです。特に革製品はとてもデリケート。色が変わっていたり擦り傷が酷いような場合はプロに任せた方が絶対に良いです。革製品も汚れが中心だったらクリーニングに頼めばいいのですが、でも擦り傷が多い場合はクリーニングをするよりもちょっとお金を出して皮の色の塗り替えをしたほうが、仕上がりが断然違います。擦り傷はクリーニングに出してもそれほど綺麗になって返ってきませんから!

 

皮製品でなくとも冬にたくさん着たセーターなどもクリーニングに出しておくと来年の冬も気持ちよく着られますね。ホームクリーニングでは落ちない繊維の奥の奥までしっかりと綺麗にしてくれるのがプロの技。例えば繊維の奥の脂肪汚れも綺麗に落としてくれますよ。しっかりと汚れを落としておかないと虫食いに繋がったりもするのでちょっと気になる服はホームクリーニングではなくクリーニング屋さんへ。最近では宅配でやってくれるクリーニング店も増えて便利になりました。宅配クリーニングはこんなに便利なのはわざわざお店に行かなくても自宅にいながら簡単にクリーニングを頼めることです。例えば自分一人で運べないような布団や毛布のクリーニングでも自宅まで取りに来てもらえるのなら安心ですね。

 

宅配クリーニングは一人暮らしのお年寄りにもとてもお勧めですし、小さなお子様がいらっしゃるママにもお勧めです。家からなかなか出られない、そんな方にこそ使ってほしいのが宅配クリーニング。またお仕事で時間の無い方にも良いと思います。気になる方は是非、宅配クリーニングの業者をネットでチェックしてくださいね!

 

ドライクリーニングで汚れは落ちるの?

大切な服は大切に着たいもの。そのためには季節の変わり目にはクリーニングに出しましょう。ホームクリーニングが家庭でも頻繁に行われるようになったとはいえ、扱いにくい素材や衣替えの前にはちゃんとクリーニング店に服を出すのがやはり大切な服を長持ちさせる秘訣でしょう。

 

どのクリーニング店にするか。近所のクリーニング店を利用するのも良いですし、長年利用しているお店を使うのも良い。でも気を付けてほしい事は、例えばシミがある場合や汚れがひどい場合は、その部分をしっかりと洗ってほしいかという事を伝えることです。これを書いている筆者の経験ですが、大手クリーニングのチェーン店の手洗い特別メニューを使ってお気に入りのワンピースを頼んだのですが、仕上がった商品を見てあきれました。全く綺麗になっていなかったのです。もちろん、お店に商品を頼んだときにワンピースの汚れの酷い場所を伝えてあったのですが、それにも関わらず、です。首回りの汚れは全く落ちていませんでしたし、袖回りも同じで落ちていませんでした。この手洗いクリーニングは通常のサービスに比べて値段が高いのです。手洗いの分、機械では落ちにくい汚れも丁寧に落とす…というサービスですから値が張るのも分かります。その分、汚れも綺麗に落ちるだろう、と思うのはこれを利用するお客の気持ちでしょう。それが全く汚れが落ちていない…。もちろんお店に苦情を伝え、やり直してもらいました。やり直した後の商品は、やはり綺麗でした。これなら頼母価値がある、と思ったことを覚えています。

 

このケースで苦情に応じてもらえたのは、すぐに出来上がりの商品をチェックしたからだと思います。これが時間がたってからだと、おそらくもう一度洗ってもらう、という事はなかったでしょう。このように大手のクリーニング店の高いサービスだから…といってもずさんなサービスもあります。それを忘れないようにして、大切な服をクリーニングに頼むときは、汚れがひどい個所については予め伝えるころ、そしてクリーニング後はその汚れがしっかりと落ちているかどうかを、その場で確認することが大切です。

 

おしゃれ着を自宅で洗う

素敵な服、おしゃれな服、お気に入りの服は大切にずっと長く着たいですよね。でも服の寿命って長いようでそれほど長くなかったりします。特にしっかりとケアしていない服は一年ももたない時も…。そうならないためにもしっかりとお気に入りの洋服はケアしたいものです。

 

お勧めの洋服のケア方法は季節の変わり目にクリーニングに出すことです。プロフェッショナルのケアはやはり違います。服の素材別に丁寧に洗われると本当に仕上がりが違いますよね。ホームクリーニングも最近ではよく行われるようになりましたが、でもやはり大切に着たい服や扱いがちょっと難しい素材の服はプロの力を借りるのが一番です。例を挙げると、ドライクリーニングしか受け付けない服やシルクのような高級素材の服。これらはどれほど機能がすぐれているホームクリーニングの洗剤を使ってもやはり素人ではうまく洗えません。信頼できるクリーニング店に頼む方が良いでしょう。クリーニング代が少しかさむかもしれませんが、長い目で見るとしっかりとケアして長く着る方が安上がりになるかもしれません。

 

このようなちょっと扱いにくい素材以外の服はホームクリーニングで洗っておくのが良いでしょう。毎回洗濯したとしても、季節の変わり目で洋服を長期間クローゼットの中に仕舞う前にはやはりしっかりとケアをしたいものです。近頃は機能性の優れているホームクリーニングの洗剤もたくさん売られるようになり、その中にはシルクも洗えるようなものもあるので驚きます。ホームクリーニング専用の洗剤の例を挙げると、「エマール」などが代表的なものです。ウール素材、アンゴラやモヘヤなどの素材もホームクリーニングの洗剤を使えば手洗いもしくは洗濯機の手洗い機能で洗濯可能です。「クリーニング代を浮かせたい」という主婦にはありがたい話です。

 

このようにホームクリーニングが近頃、盛んに行われるようになって「クリーニング店も商売あがったり…」かと思えば、クリーニング店も最近は新しいサービスをするようになりました。例えば長期間使わない服を預かるようなサービスです。冬に使うセーターやコートをクリーニング店が、それを使わない時は保管するようなサービスです。こちらも便利ですよね。どれほどしっかりとクリーニングしたとしても保存状態が良くないとやはり服は長持ちしないものです。

 

大切な服は家で洗いたい、それが当然になってくる日も近いかもしれない。でも洗うだけでなく、綺麗に洗った服を良い状態で保存するのもまた服を長持ちさせる秘訣です。